News
色々な薬と瓶

人体の外部から体内に侵入し、アレルギー反応を引き起こす原因となる物質はさまざまなものがあります。
引き起こす物質をアレルゲンと呼び、大きく分けて三つの種類に分けられます。

種類としては、吸入性アレルゲン、食品性アレルゲン、薬物性アレルゲンに分けられます。
このアレルギー症状を引き起こしてしまうアレルゲンは人によって異なります。

このようなアレルギーの症状を和らげる薬があるのですが、その中でもジルテックはアレルギーでお困りの方の強い味方です。

吸入性アレルゲンとして多いのがダニ類などのハウスダストは通年性で、鼻炎や気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎などを引き起こします。
カビは喘息や鼻炎の原因となり、ペットの毛やおしっこ、垢や羽毛などもアレルゲンとなり、花粉によっておこる花粉症もアレルギーの一種です。

食品性アレルゲンとして上げられるのが、五大アレルゲンと呼ばれる、牛乳、卵、落花生、蕎麦、小麦が有名です。
ほかにもいくらや甲殻類、肉類や大豆などさまざまな食品がアレルゲンとなってしまいます。

薬物性アレルゲンとしては、抗生物質や風邪薬、胃腸薬などの医薬品から食品添加物、残留農薬などの食品関連物質、カラーリング剤や口紅、クリーム、マニキュアなどの化粧品類にもアレルゲンが含まれている場合があります。
また、日用品として使われているシャンプーやリンス、石鹸や塗料、洗剤にも反応してしまう人もいるため注意が必要となります。

本来身体には無害な物質に免疫機能が反応して無害な物質が外的であると免疫機能が勘違いして、自分自身を攻撃してしまうのがアレルギー反応です。
アレルギー反応の症状を重くしないようにするためには、自分がどの物質に反応するかなどを検査しておくことが大切です。
アレルゲンを特定することによってそのアレルゲンを避けることができるようになります。