• ホーム
  • 抗アレルギー薬の効果の違いと副作用

抗アレルギー薬の効果の違いと副作用

マスクをかける女性

抗アレルギー薬には、アレルギーを発症してから服用する薬と発症を予防する薬に分かれます。
アレルギーを発症してから服用する薬で良く聞く名前と言えば、抗ヒスタミン系の薬だと思います。

アレルゲンが体内に摂取されると細胞からヒスタミンが発生し、受容体と結合しアレルギー反応を起こさせない様にするために働きます。
その際に受容体とヒスタミンの結合を防ぐ作用がある抗ヒスタミン系の薬を症状が出てから服用することで、その効果を実感することが出来ます。
しかし予防するという意味で服用するのでは効果はありません。
あくまでも細胞から出たヒスタミンに作用するからです。
そこで予防という観点で服用するためには、アレルゲンを摂取した時に細胞からアレルギーを起こす物質である、ヒスタミンやロイコトリエン等が発生するのを防ぐ抗アレルギー薬を服用しなければなりません。

これら抗アレルギー薬と呼ばれる薬は、症状に合わせて服用することでその効果を最大限に発揮させることが出来ますが、副作用もあります。
まず最初に挙げられるのは眠気です。
人によっては眠気が強く出るので、服用をできれば避けたいと考える人もいますが、薬によっては眠くなりにくいものもあるので、一度医療機関や薬剤師に相談してみると良いでしょう。
仕事などの関係で眠気を抑えたいのであればアレグラがおすすめです。
この治療薬は病院でも処方できますが、通販でも購入することができるので忙しい方は事前に通販で購入されるとよろしいでしょう。
眠気が軽減されているアレグラを通販してアレルギー症状を改善してみましょう。
他にも喉が渇いたり、便秘になる場合もあるので、いつも以上に水分を取ったり食生活に気を付ける必要が出てきます。
生活に支障が出る程の症状ならば、こちらも医師か薬剤師に相談してみると解決策が見えるかもしれません。

アレルギー反応が出ると、普段の生活に影響を与えることも多いです。
その際は適切な薬を選ぶことで症状の緩和や予防にもなるので、選び方が分からない場合はまずプロの意見を聞くことが重要です。
また副作用も自己判断で解決しようとせずに、しっかりと話しを聞き、回避や解決の方法を探してみましょう。

人気記事一覧