• ホーム
  • ヘルシア緑茶でアレルギー改善できるって本当?

ヘルシア緑茶でアレルギー改善できるって本当?

ヘルシア緑茶はもともと脂肪燃焼効果が高い商品として売られています。
ヘルシア緑茶には、高濃度のカテキンが多量に含まれています。
カテキンという成分は、抗酸化作用が強く、活性酸素を除去する機能が高いものです。

緑茶のカテキン類は数種類あり、そのアレルギーに対する効果は以前から知られていました。

人には外から入ってきた異物(抗原)を自分のもの(自己)と区別し、排除しようとする免疫というシステムがあります。
これの中心は液性免疫といって、抗体と呼ばれる物質が関与するものです。
アレルギーとは抗原に対して過剰に反応し自己を傷つける反応です。
アレルギーが起こる際は、マスト細胞に抗体のうちIgEと呼ばれる抗体が2つくっつき、これを抗原が架橋することが引きがねとなります。
そして、マスト細胞に蓄えられたヒスタミンやロイコトリエンといった炎症を引き起こす物質が遊離され、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ、発疹などを引き起こします。

カテキンには、マスト細胞からのヒスタミンの遊離を抑制する作用があることが知られています。
カテキン類の中でもエピガロカテキンガレートとよばれるものに強い抑制作用があることが分かっています。
また、抗酸化作用により、活性酸素が関与する炎症反応を抑える効果もあることも報告されています。

ですから、ヘルシア緑茶は花粉症や食物アレルギーなどの症状を緩和する効果があることは十分期待されます。
しかし、含まれるカテキンがエピガロカテキンガレートだけではなくカテキン類としてですので、効果がどれくらいあるかは個人差もあると考えられます。
アレルギーに効果を期待してヘルシア緑茶を飲みすぎることは避けなければなりません。
一日の摂取量を守って飲みましょう。