• ホーム
  • アレルギーの症状を緩和する治療薬の種類

アレルギーの症状を緩和する治療薬の種類

薬を飲んでいる女性

体に対して病原性がない物質に免疫が過剰に働くことで出現するのがアレルギーの症状です。
アレルギーの種類によって出てくる症状は異なりますから、当然、使用する治療薬の種類も異なってきます。

まず最も多くのアレルギーに共通して出現する症状として挙げられるのがアレルギー性鼻炎で、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが代表的な症状です。
これらの症状は、原因物質が抗体と結合することによって、ヒスタミンやロイコトリエンなどが分泌されることで発症します。
ですので、これらの成分の働きを抑制する抗ヒスタミン剤や抗ロイコトリエン剤が使用されます。
またそれぞれには血管を拡張して鼻づまりを起こすと言う側面もあるので、血管収縮薬も治療薬に該当します。
それぞれ内服薬や点鼻薬、点眼薬として処方されます。

多くのアレルギーで共通して出現する症状としてはまた、皮膚症状が挙げられます。
発疹や痒みなどで、その痒みに耐え切れず掻きむしってしまい、傷ができて細菌感染を起こし、症状が酷くなるケースも少なくありません。
この場合に使用される治療薬の種類としては、抗ヒスタミン薬、そしてストロイド外用薬が挙げられます。

ステロイド外用薬は、皮膚炎症に対して多く使用されている治療薬です。
ステロイド自体は、もともとは私たちの体の中で作られているホルモンであり、炎症抑制作用と免疫抑制作用を担っています。
ですから、免疫機能の暴走であるアレルギー、そしてそれによって発症する皮膚炎にも効果が期待できると言うわけです。
外用薬ですから、患部に塗布する形で使用します。

そしてすべてのアレルギーに対して発症するものではありませんが、アナフィラキシーに対しての治療薬の存在も知っておきたい点です。
この症状は、意識消失や呼吸困難などを引き起こすため、処置が遅れると命に関わる場合もあります。
この場合には、速やかにアドレナリン自己注射薬を使用する必要があります。